ゆのみとりのきままに生活

ゆのみとりの、きままな生活を模索するブログです。

2016年春の流行ファッションについて考えた

今回は、ファッション雑誌を読んで
2016年春の流行だと思われるものを、
自分のファッションに取り入れるか否か考えてみました。

読んだ雑誌についてですが、
20~40代の女性向けファッション誌を2ヶ月分、
dマガジンで斜め読みしてます。

また、ゆのみとりはファッション業界には縁もゆかりもない、ただの一般人です。
(好きなだけ)


参考までに、現在のゆのみとりについて。

  • 身長168cm
  • 体重50~53kg(3kg以内は誤差だと考える派)
  • 全体的に骨太な体型
  • 太ももが太い
  • 職場はカジュアルOKの私服
  • 日頃使うカバンはリュック
  • ヒールのある靴は、あまり履かない
  • 2015年秋冬で取り入れた流行は、「ガウチョパンツ」

アウター

ジレンチ

トレンチコート+ジレ。
袖のないトレンチコート。

私には着こなせない。却下。

コーディガン

コート+カーディガン。
アウターとして使える厚さがありつつも、さっと羽織れるカーディガンのよさを併せ持つ。

欲しいとは思うが、いつまで流行るか分からないタイプに、アウターと同程度のお金は出せない。
諦める。

トップス・ボトムス

とろみ素材の白シャツ

最近よく聞く言葉、「とろみ素材」。
てろーんとした、光沢があり、女性らしくも体のラインを強調しすぎないシルエットが特徴。
ポリエステル、レーヨン、キュプラなどで作られたものが多いが、洗濯のしやすさはポリエステルが一番。

私は、スパゲッティーのソースや、ラーメンのスープをよく散らす。
おそらくすぐに汚すので、却下。

オフショルダーニット

肩が見える、襟ぐりの深いニット。

骨格がっしり人間がやると、セクシーさのかけらもない。
どう考えても鬼門なので、却下。

レース素材のトップス

フリフリ感全開ではなく、大人っぽい透け感のあるタイプが人気の様子。

下に着るものに気を遣いたくないので、透ける素材は却下。

ロングカーディガン

膝~膝下まである、長い丈のカーディガン。

どこまで流行が続くか様子見していたので、そろそろ流行に乗ってみようと思う。
太ももの太さを、これでうまく隠したい。

スカーチョ・スカンツ

スカート+ガウチョ。
流行が続いているガウチョパンツが、スカートに見える形に進化したもの。

冬のセールで買った、薄手のガウチョパンツがあるため不要。

プリーツスカート

引き続き、膝~ふくらはぎ丈のスカートが流行の様子。
ふわっとした素材で、細かいプリーツの入ったスカートが多い。

私が着ると、授業参観日のお母さんになりそうなので、却下。

花柄トップス・ボトムス

最近は、かわいいというよりは、シックな花柄が多い。

花柄を着ていて「パジャマみたい」と言われたトラウマを克服できていないので、却下。

セットアップ

上下同じ色、素材で揃えた、分かれてるワンピースのようなもの。

スカートタイプは、私が着ると部屋着に見えそうなので却下。
袖なしトップス+パンツタイプは、オールインワンの代わりとして購入する。
オールインワンが好きだが、トイレの行きにくさが気になっていたので、これで解決できる。

小物

フラットなレースアップシューズ

ヒールのないパンプスに、編み上げの紐をつけた靴。

足首ががっしりしているため、チャーシューに見える。却下。

チャンキーヒールパンプス

太いヒールのパンプス。

元々パンプスをほぼ履かないので、流行を取り入れる必要なし。

白スニーカー

スタンスミスが人気の様子。
他にも、皮素材だったり、形がすっきりしていたり、カジュアルすぎないタイプが今春は多い気がする。

流行のタイプではないが、白いスニーカーがあるのでそれで乗り切る。

スカーフ

首に巻いたり、トップスの首元から覗かせてみたり、ヘアアレンジに使ったり、バックにつけたり、と活用法は様々。

個人的には、モデルがやるから似合ってるんだと思う。
使いこなせないので、却下。

検討結果

  • ロングカーディガン
  • 袖なしトップス+パンツタイプのセットアップ

の2つの流行を取り入れようと思います。


雑誌でよく見かけたのが、「プチプラアイテムで流行を取り入れよう」という特集。

「1万円以下のプチプラアイテムで~」
1万円あったら、定番のいいトップスが買えますよ!

UNIQLO、GU、ZARAで流行アイテムを~」
塵も積もればなんとやら。
一つ一つが安くても、こんなに流行を取り入れていたらお金がもたない。

うまくファッションとつき合っていきたいものです。